自力でできると楽しいことが多いのだ!

 

    2016/02/12

この記事はおよそ 6 分4 秒でお読みいただけます。

ダイブテリーズ

はい。夜中からの大雨と大風。午前中には上がって、一旦晴れました。
しかも生暖かい空気。なんだか暑いくらいな時間帯もあったのですが、先ほどから曇り。パラッと雨も降っていますね。
不安定なお天気です。前線と低気圧のせいですな。これは。

さっきまで店は全開。半袖でしたが曇ってきてからは窓閉めました。
さすがにドカーンと吹く風に負けてます。

さて、今日は自分でできると楽しいことが多いのだ!というお話を。

自分の力で楽しむ遊びって?

まず子供の時代の自分を想像してみましょう。

外で遊ぶのが好きな子供だった人は、例えば鉄棒とか雲梯とかそんな遊びをいっぱいやったでしょ?
夢中になって、だれよりもすごいワザを、誰よりも長い距離を!なんて思って頑張ったはず。
で、人よりもうまくなった時の達成感ってすごかったんじゃないですか?

「あいつよりもすごいことしてみよう!」

そんな気持ちいっぱいだっはず。

そういう遊び方じゃない遊び。
やっぱりアウトドア系だけど、ザリガニ獲ったりカエル獲ったりなんてことをしてた人だって、たぶん、人よりも大きいやつ、人が獲ったことのない珍しいやつ?なんて思ってたんじゃないかな。
でもそのためにはスキルや知識が必要だったはず。
でかいのはどこにいるとか、でかいのをゲットするにはどういうものを用意しなきゃいけないとか。

そういうスキルや知識をきちんと身に着けて初めて満足のできる楽しい遊びをしてたと思う。

大人になって、車の運転だってそう。
安全運転が基本だけど、へたくそな運転じゃモテないしかっこ悪い。
(今の若い子たちそんなのどうでもいいのかな?)
早く免許取れる年齢になって、自力で運転してかっこよくキメたかった。
ここでのキーポイントもカッコよく決められるスキルと、カッコよく安全に運転できる知識やスキルだったはず。

要は、どんなことだって、遊びってのは人に提供されて与えられたことで楽しんでたんじゃ、ほんとの魅力の100%を得ることはできない。

身の回りの、自分か過去に経験してきたいろいろな遊びを思い出してみてください。
そうでしょ?

僕はダイビング屋さん、つまりダイビングのインストラクター。
だから、ダイビングをしたい!っていう人に提供できるのはたった二つの方法です。

自力 or オールサポート

方法は二つです。
自力でダイビングをしたいというニーズに対して僕は、Cカード(一部ではダイビングライセンスなどといいます。混乱するのでこのあとはすべてCカードといいます。)取得のためのプログラム、一般的には初心者ダイビングスクール、またはオープンウォーターダイバーコースなどに参加していただき「自力でダイビングができるようになるための最低限の知識とスキルを身に着けていただく」という答えしか用意できません。
そしてさらに、コンディションやダイビングのスタイルが変わったとき、未経験の新しいことをしていくなら、さらにトレーニング、ないし、インストラクターのサポートで経験し慣れていくことをお勧めするでしょう。

オールサポートでダイビングをしたいというニーズなら、体験ダイビングという体験的にダイビングをしてみるということをお答えします。
これはインストラクターがオールサポートしながら「水の中、海の中を経験していただき、ダイビングというもの、海の中というものを少しでも多くの人に知っていただく」ための方法です。

どちらも大切なものです。

Cカードを取得しダイビングを楽しむことも、体験ダイビングを続けることも、どちらを選択しやっていくのかは参加される方の自由です。ダイビングを楽しんでいくためのスタイルが異なるだけですから。
ただ、一つだけ大切なことは、Cカードを持っている(つまり、ダイビングの基本的なスキルと知識はマスターしたと証明されたことがある)人が、ガイドやインストラクターに依存するダイビングを続けていてはCカードというものを所有している意味が曖昧になってしまいます。

どちらも、ダイビング屋さん、ダイビングインストラクターにとっては大切なお仕事ですし、それぞれのニーズをお持ちの方が笑顔で喜んでくれることに、とてもやりがいを感じる素敵な仕事だと思うのです。

自分の力で、自分のスキルと知識で遊ぶこと。

体験ダイビングを続けることが悪いことじゃないんです。それはそれで一つの形。
だけど、最初に書いた通り、人よりもうまくなりたい、人が見たことのない生き物を見つけたい。

たくさん潜っている人が見つけてスルーするような生き物でも、それを自分で見つけたときってうれしくないですか?

その気持ち、たぶん、大きなザリガニを獲った!っていう喜びにいずれつながってくると思うんです。

スクーバダイビングって絶対そういうジャンルの遊び。

だから、体験ダイビングではなく、Cカードを取得してダイビングを楽しむという選択をしたのであれば、Cカードを取得するプログラムがきちんと自分の目的に合っているのか?とことん担当のインストラクターとお話ししてほしいんです。
今の自分のスキルや知識に不安があれば、インストラクターを訪ねて、不安なことをきちんとお話ししてほしいんです。
不安があるまま潜り続けてるっていうのは絶対問題。
ダイビングってそんなに難しいことでも大変なものでもありませんから。

ブランクがあるなら、インストラクターのところへ。
ブランクあるってはっきり言いましょう。ブランクのあるダイバーなりのプログラムも用意されているはずですから。

ダイブテリーズ、体験ダイビングから、Cカード取得のためのプログラム、そして、ブランクのある方のサポートプログラムなど、店内温水プールで随時開催しています。

ダイビングを通じてみんなが笑顔になるのを見たいから。

自力でできる人が、ガイドさんに水中案内してもらったら、最高面白いと思いますよ。

.............................................................................
しっかりマスター!楽しく遊べる!ダイブテリーズでダイビング!
ダイブテリーズ公式ホームページ
http://www.terrys.jp

LINE@のお友達はこちらから!
LINE@お友達限定お得なクーポン配信中!
スマホの方はボタンからお友達になれます!
友だち追加

.............................................................................
いつでも聞いて?ダイビングのこと!
ダイビング始めてみたいんだけど・・・
ダイビングしているんだけどもっとステップアップしたい!
もっといろんなところに潜りに行きたい!
ダイビングインストラクターになりたい!
お手伝いさせてください!

ダイブテリーズでは、スタッフ募集しています。
ダイビングのお仕事をしたい、↑こんなショップでダイビングから笑顔を届けたい!
そんな方はお気軽にお問い合わせください。
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話はフリーダイヤル 0120-10-2703
(スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)

メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................

クレジットカード/電子マネーをお使いいただけます。

現金でのお支払いも対応しております。
ご都合のよろしい方法をお申し付けください。

The following two tabs change content below.
我妻 亨

我妻 亨

代表取締役兼用務員のおじさん有限会社ダイブテリーズ
1962年生まれ
ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係
埼玉県川越市出身
埼玉県立松山高校卒 日本大学文理学部卒

真の姿はダイビング屋さん、でも大工さんから自動車修理までなんでもこい!ダイビングは35年目。PADIインストラクターは30年目です!日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。
ダイビングバカなダイビングインストラクターと一緒にダイビング思いっきり楽しみませんか?
ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。
海とスクーバダイビングからは一生離れることのできない自分。ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!
我妻個人のLINEアカウントはこちら・・・(QRコード)ID:wagatsumaterrys

 - オーナーブログ, 楽しむこと

ツールバーへスキップ