吹き上げないためにオーバーウェイトで潜れ????

 

 

この記事はおよそ 3 分31 秒でお読みいただけます。

浜松でダイバーやこれからダイビングを楽しもうと思っているたくさんの人たちに正しい情報をきちんと知ってほしいと思っているPADIインストラクターの我妻です。

昨日まで東京でいろいろとお勉強をしていて、今日はどうにもこうにもやることがたくさんあって身動きの取れない状態。
でもみんなに知ってほしいからブログだけは書くのです。

今日のブログのテーマは、オーバーウェイト。
ちょっと気になって仕方ないので。

「潜れないからウェイトをたくさんつける」ダイバー。
もしくは・・・
「潜降できないダイバーにウェイトをどんどん足していく」ようなガイドやインストラクター。

これね・・・なぜできないのか?という根本を一つも解決せず、目の前のことが終わればいいという典型的なケースだと思うのです。

どちらかというとうまくなりたい、うまくできるようになりたいと望むであろうダイバーの気持ちを完全に無視してオペレーションしていることになります。

「急浮上を防ぐためにウェイトを多くつけなさい!」などという人もいます。

違うんですよ、真逆。

ウェイトを多くつけるから、急浮上するんです。
ちょっと浮力のコントロールをミスると。

ダイビングってのは正しいウェイト量(適正ウェイト)でやるものであって、適正ウェイトで潜れないのは、潜れない理由、原因があるってことをみんなに知ってほしいんです。

それをきちんと解決してくれるインストラクターの下でダイビングをスタートしたほうがいいと思います。

なぜ、そんなことを言うのか・・・。

ウェイトが重いということは、潜降時には楽かもしれません。
でもこれは楽なのではなく落下しているんです。墜落しているんです。
圧平衡が間に合わないケースもあるかもしれません。

さらに水中で正しい中性浮力を作るために、BCDやドライスーツに過度に空気を入れる必要が出てきます。

結果、エアの消費が早くなります。

潜水病と言われるものの一つに、減圧症というものがあります。

減圧症、つまり潜って浮上してくるときに起こる可能性のあるもの。
極端に長いダイビングや、極端に深いダイビングでもない限りそうそう起こるものではないんです。

スピードが極端に早い浮上、つまり減圧のスピードが速すぎたケースも減圧症のリスクを増大します。
でも一般的に言われている浮上スピードやダイブコンピューターの指示に従ったスピードでの浮上であるなら、減圧症の発症は非常にまれなケースだと考えられます。
つまり、普段のダイビングをすべて控えめにすればいいという単純な話です。

それよりもリスクが大きいこと。

水面で浮くことができないケース!

なにかトラブルがあれば、人間は、水面に上がろうとします。(突発的に)
その時に水面に到着して、浮力をしっかりキープ(確保)できれば、なんら大きな問題にはならないでしょう。

でも、そうでなかったら・・・浮いても再び沈むのです。

PADIのオープンウォーターダイバーコースの中でも、エマージェンシー・ウェイトドロップのようなトラブル時に浮力確保する方法なども出てきます。
でも、オーバーウェイトで、このスキルが即座にできなかったら・・・。

いろいろ考えてたんですが、オーバーウェイトは百害あって一利なし。
そういう結論です。

詳しく知りたければ、お問合せOKですからね。

.............................................................................
しっかりマスター!楽しく遊べる!ダイブテリーズでダイビング!
ダイブテリーズ公式ホームページ
http://www.terrys.jp

LINE@のお友達はこちらから!
LINE@お友達限定お得なクーポン配信中!
スマホの方はボタンからお友達になれます!
友だち追加

.............................................................................
いつでも聞いて?ダイビングのこと!
ダイビング始めてみたいんだけど・・・
ダイビングしているんだけどもっとステップアップしたい!
もっといろんなところに潜りに行きたい!
ダイビングインストラクターになりたい!
お手伝いさせてください!

ダイブテリーズでは、スタッフ募集しています。
ダイビングのお仕事をしたい、↑こんなショップでダイビングから笑顔を届けたい!
そんな方はお気軽にお問い合わせください。
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話はフリーダイヤル 0120-10-2703
(スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)

メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................

クレジットカード/電子マネーをお使いいただけます。

現金でのお支払いも対応しております。
ご都合のよろしい方法をお申し付けください。

The following two tabs change content below.
我妻 亨

我妻 亨

代表取締役兼用務員のおじさん有限会社ダイブテリーズ
1962年生まれ
ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係
埼玉県川越市出身
埼玉県立松山高校卒 日本大学文理学部卒

真の姿はダイビング屋さん、でも大工さんから自動車修理までなんでもこい!ダイビングは35年目。PADIインストラクターは30年目です!日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。
ダイビングバカなダイビングインストラクターと一緒にダイビング思いっきり楽しみませんか?
ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。
海とスクーバダイビングからは一生離れることのできない自分。ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!
我妻個人のLINEアカウントはこちら・・・(QRコード)ID:wagatsumaterrys

 - オーナーブログ, 知ってる?

ツールバーへスキップ