マニュアルの話・・・まだまだ続く!

 

 

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

お茶目なおっさんを目指しています!

浜松でGW直前で、あれもやらなきゃこれもやらなきゃと一人でバタバタしているPADIインストラクターの我妻です。
数か月前はこの時間で「こんばんは!」だったのに、すっかり明るいから「こんにちは!」です。

さて、昨日のブログでマニュアルを使うと面白い!というお話を書きました。
使うか使わないかは、ダイビングコース、プログラムに参加される方というより、プログラムを提供するインストラクターが決めることですね。
良心的なインストラクターなら、本当に参加される方のダイビングをもっと楽しくうまくしてあげたいと考えているインストラクターなら、マニュアルをきちんと参加される方に差し上げ、それをずーっと使っていただくようにしているはずなのです。

とあるダイビングショップのオーナーの方から電話がありました。

某リゾートでPADIアドヴァンスドダイバーのプログラムを修了されたお客様が、SPコースをお申し込みになった!そうなのですが・・・
「アドヴァンスドコースをやった時のマニュアルを持ってきてくださいね?」とお願いしたら、「ありませーん!レンタルでした!」というお答えが返ってきたそうです。

「これっていいの?」そんな電話でした。

ん?んん?

教材
ダイバー
生徒ダイバーが理解する言語に翻訳されたものがない場合を除いて、
少なくともコースマニュアル(本、デジタル、もしくはアプリバージ
ョン)を含めて、各生徒ダイバーが最新版のPADI教材を所有し、コー
ス中の学習とコース後の参考用に使用する。
Materials
Diver
Ensure that student divers have a personal set of current
PADI materials for study and use during the course and for
reference afterward, to include, at a minimum, the course
manual (book, digital or app version) unless unavailable
in a language understood by the student diver. Ensure that
student divers have a log book.
(PADIインストラクターマニュアルから)

ということになってるわけですが・・・。
キーワードは所有という言葉の意味です。

所有=(自分のものとして)持つこと。

(これ、PADIのルールで決められていることです。全世界共通です。

マニュアルがレンタルっていうケース、あっちゃいけないんです。
それ以上に、ログブックを持っていない!っていうケースも先日ありました。
書いたことはあるの?って聞いたら、それも覚えがない!というお答えでしたけど。

参加される方のことをしっかり考えて、ダイビングができるようになることをしっかり考えてたら、レンタルなんてのはありえない。
そう思うのです。
器材はレンタルというのもありでしょうけどね。

うち、しっかり教材使ってます。
デジタル製品を使うか、マニュアルを使うかは別として。
それは、参加される方が選択すればいいことなので。

いろいろびっくりすることたくさんある最近でした。

 

.............................................................................
しっかりマスター!楽しく遊べる!ダイブテリーズでダイビング!
ダイブテリーズ公式ホームページ
http://www.terrys.jp

ダイブテリーズ公式Facebookページ
   https://www.facebook.com/DiveTerrys/

ダイブテリーズ公式Twitter
https://twitter.com/DiveTerrys


LINE@のお友達はこちらから!
LINE@お友達限定お得なクーポン配信中!
スマホの方はボタンからお友達になれます!
友だち追加

.............................................................................
いつでも聞いて?ダイビングのこと!
ダイビング始めてみたいんだけど・・・
ダイビングしているんだけどもっとステップアップしたい!
もっといろんなところに潜りに行きたい!
ダイビングインストラクターになりたい!
お手伝いさせてください!

ダイブテリーズでは、スタッフ募集しています。
ダイビングのお仕事をしたい、↑こんなショップでダイビングから笑顔を届けたい!
そんな方はお気軽にお問い合わせください。
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話はフリーダイヤル 0120-10-2703
(スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)

メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................
The following two tabs change content below.
我妻 亨

我妻 亨

代表取締役兼用務員のおじさん有限会社ダイブテリーズ
1962年生まれ
ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係
埼玉県川越市出身
埼玉県立松山高校卒 日本大学文理学部卒

真の姿はダイビング屋さん、でも大工さんから自動車修理までなんでもこい!ダイビングは35年目。PADIインストラクターは30年目です!日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。
ダイビングバカなダイビングインストラクターと一緒にダイビング思いっきり楽しみませんか?
ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。
海とスクーバダイビングからは一生離れることのできない自分。ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!
我妻個人のLINEアカウントはこちら・・・(QRコード)ID:wagatsumaterrys

 - オーナーブログ, 知ってる?

ツールバーへスキップ