ちょっとね・・・。

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

雨になりました。
今週末は雨なんでしょうね。
さて、水曜日、木曜日と、PADIコースディレクターアップデート2019に行ってきたPADIコースディレクターの我妻です。
(我妻はなにもの?という人は下を見てね↓)

PADIコースディレクターってなに?という人はクリック!

ダイブテリーズ

新しいプログラムの概要の説明、そして、PADIコースディレクターはインストラクターの養成をする役割があるので、知識開発、限定水域、オープンウォーターの評価基準のチェック(評価合わせ)をしてきました。

新しいプログラム・・・簡単に言っちゃえば、PCやタブレット(スマホだと小さいかな)がない人はできません。
もう一つ付け加えていうと、デジタル化がかなり進んでいるので、そちらに疎い人はちょっと大変かも。

もう少し詳しい説明が欲しい人は、直接ね。

そして、評価合わせ。
これがさ・・・ちょっとね、わかりにくかったっていう印象。
参加してた皆さんの頭の中に、??がいっぱいになっちゃったかもね。
これね・・・評価表の翻訳にも問題がある!と僕は思ってる。
辞書的直訳型翻訳だ!というんだったら問題ないけど、読み手(評価者)が求められている状況が想像できるような翻訳っていると思うんだよね。

例えば、知識開発評価表。
とある評価カテゴリー。

e. Reminder of related dive equipment ownership OR dive trip.
e. 関連するダイビング器材を所有すること、経験を積むためのダイビングツアー参加についてもう一度述べた。
(PADI知識開発評価表より 英語版/日本語版 原文通り)

これ、大きく物事が異なってくるんですよ。
このカテゴリーで点数が1ポイント落ちちゃう。

例えば、限定水域/OW評価表のある評価カテゴリー。

4. Responded correctly but no clear emphasis of the proper technique.
5. Responded correctly and emphasized proper technique with additional communication after problems.
4. トラブルに正しく対応したが、適切なテクニックを明確に強調できなかった。

5. トラブルに正しく対応し、トラブル後に意思の疎通を図って適切なテクニックを強調した。
(PADI限定水域/オープンウォーター評価表より 原文のまま)

まだあるよ。

3. Fulfilled one of the following:
 a. Effectively positioned students and assistant (if available) to be within direct sight throughout skill practice(unless mobile exercise).
 b. Communicated frequently with assistant (if available) and students including providing positive reinforcement.
 c. Demonstrated environmental awareness.
3. 次のうち、1 つだけ満たした。

a. スキルを実施している間、ダイバーとアシスタント(いる場合)を直接見える位置に置いていた(移動スキルでない場合)。
b. ダイバーとアシスタント(いる場合)と頻繁に肯定的な補強を含む意思の疎通を図った。
c. 環境に対する自覚をデモンストレートした。

面白いから、Google先生にお願いしてみました。

3.次のいずれかを実行しました。
 a。スキルの練習を通して(モバイルエクササイズでない限り)生徒とアシスタント(利用可能な場合) を効果的に配置して、直接視界に入るようにしました。
 b。積極的な強化を提供するなど、アシスタント(利用可能な場合)と学生と頻繁に通信しました。
 c。環境意識を実証しました。

うん。Google先生のほうがわかるかも。

翻訳って、読み手が状況が理解できる言葉でしないとダメでしょ・・・て思うケースでした。(すいません。英文科卒です。)
さて、評価の練習用ビデオ見ながら、PADI HQの付けたスコア(コントロールスコア)と自分のスコアをチェックして、練習しよっと。

ダイブテリーズ、新しいプログラムは年明け2020年1月からのご案内になりますのでご了承ください。
すでにインフォメーションされている方、お申込みを済まされている方は、従来のバージョンでのコース開催となります。(IEも従来バージョンでの対応になりますのでご安心ください。)

さ!明日は大瀬崎でレスキューダイバーコース!

.............................................................................
.............................................................................
ダイブテリーズLINE公式アカウントのお友達はこちらから!
友だち追加
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話は 053-462-6525
スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)
メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................
定休日のお知らせ

  4月~6月・9月~12月は毎週木曜日
  1月~3月は毎週水曜日及び木曜日
  7月~8月は不定休(基本木曜日)

定休日でもスクール、ダイビングツアーは開催可能な場合もあります。
リクエストお待ちしております。
.............................................................................

担当スタッフ

TORU
TORU有限会社ダイブテリーズ 取締役
我妻 亨(わがつま とおる)
PADIコースディレクター No.801010
ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係
NPO法人静岡県ダイバーズ協議会副理事長
専門学校ルネサンス・ペットアカデミー非常勤講師

ダイビングは40年目。PADIインストラクターは36年!
日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。

ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。
ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!