ジワリジワリくるなぁ・・・

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

コロナ禍。
これ、ジワリジワリと来ますなぁ。
そして、いろんなことを思う人がいます。

ダイブテリーズ

今日は一日、PCの前で仕事をしていたPADIインストラクターの我妻です。
店は一応、オープンしているんです。時短ですけど。
海にも今、ご予約いただいているお客様とはちゃんと行きます。
きちんと対策してからですけどね。

しかし、いろんな人がいます。
とあるダイビング関係のNPOで事務局長をしているのですが、そのNPOで今回の新型コロナウィルスに対する営業のことについて公式の声明を出せ!と・・・。

出せませんよ。
だってこのNPOは医学的な根拠をもってモノを言える立場じゃないですから。

ダイビングの事故が発生しないように、予防するためにどうしたらいいのかを発信することができても、今回のケースのような医学的な情報を交えて声明をしなければいけないものに関しては、何かを言えるわけがない。
ましてや、NPOの事業所の会員様たちだって、最大限の努力をして営業を続けている方もいらっしゃれば、固定費云々を考えて営業を自粛することを考える方もいらっしゃる。

各指導団体だって、各お店の営業についてのアドヴァイスはあったとしても「こうしなさい!」という正式の声明をしているところってないでしょ?
言えないです。そんなこと。

ただ、今の時点で唯一考えられることは、「感染の拡大を止めること」。

簡単に言えば、日々報告される感染者数を増加させないための努力をすること。
これに尽きます。

そもそも、国も都道府県も、自粛の要請であって「こうしなければならない!」とは一言も言ってないでしょ。
今のところ。
営業を休止する業種の発表だって、二の足を踏むくらいなんだから。

正式な声明をして、営業を休止させるのであれば、その分の補償は間違いなく必要。
そこまで踏み込んだことはできません。

ただ、一つだけ言えるのは、「国や都道府県、市町村の出す情報、専門家の情報をきちんと精査して、自分でどうするか決めること。」

それを自粛というんですよ。
自分から進んで自分言動を慎むこと。」

そういう意味です。

ダイブテリーズ、細々ですが営業しています。
GW、どうするか悩み中。
「命」が優先です。

 

.............................................................................
.............................................................................
ダイブテリーズLINE公式アカウントのお友達はこちらから!
友だち追加
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話は 053-462-6525
スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)
メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................
定休日のお知らせ

  4月~6月・9月~12月は毎週木曜日
  1月~3月は毎週水曜日及び木曜日
  7月~8月は不定休(基本木曜日)

定休日でもスクール、ダイビングツアーは開催可能な場合もあります。
リクエストお待ちしております。
.............................................................................

この記事を書いた人

TORU
TORU有限会社ダイブテリーズ 代表
我妻 亨(わがつま とおる)
PADIコースディレクター No.801010
ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係
真の姿はダイビング屋さん、でも大工さんから自動車修理までなんでもこい!
ダイビングは40年目。PADIインストラクターは36年!
日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。

ダイビングバカなダイビングインストラクターと一緒にダイビング思いっきり楽しみませんか?
ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。

ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!

我妻個人のLINEアカウントはこちら・・・(QRコード)ID:wagatsumaterrys