BCを使って中性浮力を・・・?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

今日は暑い一日になりました。
梅雨明けを思わせるような空の色と暑さ。
いよいよ夏?という雰囲気ですが、梅雨明けはもう少し先のようです。

ダイブテリーズ

こんにちは!
PADIインストラクターの我妻です。

豪雨災害に遭われた皆様の一日も早い復旧を心よりお祈りいたします。

さて、今日はちょっとダイビングスキルの話。
中性浮力について個人的に思うことを書いてみます。

例えば、PADIオープンウォーターダイバーコースに中性浮力のスキル、すごく簡単に言えば、中性浮力ってのと、ホバリングってのがあります。
最初の中性浮力というスキルは、確かに、「中性浮力」なんだけど「息を吸うと身体が浮き、息を吐くと身体が沈む」ということを体感的に覚えてもらい、自分の姿勢などを呼吸でコントロールすることを覚えてもらうためのスキルなんです。

最初の段階の中性浮力は呼吸テクニックのため!

言い換えると、中性浮力のスキルだけど、あれはダイビング中の呼吸のテクニック、もうすこし言うと、「自分自身をどうしたいか・・・によって呼吸の仕方が変わるんだよ!」ということを理解し、体得してもらうための前段階スキルでしかないと思っています。
だって、ダイビング中に、息を吸うと上がって吐くと沈んで・・・なんて動きをしているダイバー、たぶん、実際にはいないはず。
でも、ダイビングをスタートした、もしくはダイビングスクールの初期段階では、呼吸で体の動きをコントロールする!というのが身についてないからあんな形で練習するのです。

そのスキルがマスターできたところで、ホバリングのスキルへ移行することになるわけです。
「吸うと浮いて吐くと沈む」なら、「沈みそうになったら吸えばいいし、浮きそうになったら吐けばいい」に頭の中できちんと変換してもらえるように。

違う言い方をすると、「浮きたかった多めに吸ったり、沈みたかったら多めに吐いたり」。

スクーバダイビングの呼吸って、「ゆっくり吸ってゆっくり吐く」なんていう単純なものではないんです。

浮力コントロールは呼吸が要!

インストラクターがよく、中性浮力をBCで!、とか、中性浮力をドライスーツで!とか言うけど、そうじゃないんです。
潜降すると、スーツ、特にネオプレンのウェットスーツなどは、圧縮されて浮力が減少します。
呼吸で体の動きをコントロールできるのは、おそらく、中性浮力からわずかにマイナスのレベルまで。
となると、スーツの浮力が失われて呼吸で浮力をコントロールできなくなったとき、BCやドライスーツに吸気して、減った浮力を相殺するんです。

マイナス浮力をBCやドライスーツで相殺したら、あとは呼吸。
それが中性浮力の基本です。

スクーバダイビングを制する者は、自らの呼吸を制する!
そんな感じです。

オーバーウェイトは敵!

「潜降がうまくできないから!」
これね・・・よく聞く話。
だから、ウェイトをつけます。
間違ってない。適正なら。
でも、どう見ても標準体型の人が・・・例えば女性の話。
5ミリのワンピースのウェットスーツで10リットルスチールのシリンダー(タンク)で、海でのダイビング。

ウェイト量、どれくらいだと思いますか?
水面でのプレダイブでのチェックだったら、おそらく2キロあれば十分。
浅瀬での撮影なんかだったら3キロ程度かと。

それ以上つけてるとしたら、水中でBCにかなりの量の空気を入れなくちゃいけなくなると思うんです。
だって、呼吸ではコントロールできないくらい、ある程度の水深に行ったらマイナス浮力になりまくるので。

水面で浮かぶためにもBCにいっぱい空気入れなくちゃいけなくなります。

BCに入れた空気は、必要のなくなったときには捨てるだけのもの。
空気の消費は必要以上に増えることになります。

オーバーウェイトは、潜降(落下/墜落)は一見、楽になったように見えますが、実は、いろんな危険を孕んでいるのです。

もう一度、見直してみて?

自分の適性ウェイトのチェックの仕方。
PADIのオープンウォーターダイバーコースをきちんと修了しているなら、プログラムの中で「ウェイト量のチェック」をするスキルをやっているはず。
もし忘れてたら、近くのインストラクターに聞いて、どこかでウェイトの再チェックしてみてください。
もちろん、経験の長い人はご自身の経験の中でお判りだと思うので。

ぜひ、ウェイトの再チェックと、状況に適した呼吸のテクニックをマスターしてください。

あ!PADIにはピークパフォーマンスボイヤンシーっていうスペシャルティーコースがあったっけ。
あれ、結構大事。
海行かなくても、PPBワークショップって形でプールでも一部分開催できちゃいます。(いつでもお問合せください。)

 

.............................................................................
.............................................................................
ダイブテリーズLINE公式アカウントのお友達はこちらから!
友だち追加
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話は 053-462-6525
スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)
メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................
定休日のお知らせ

  4月~6月・9月~12月は毎週木曜日
  1月~3月は毎週水曜日及び木曜日
  7月~8月は不定休(基本木曜日)

定休日でもスクール、ダイビングツアーは開催可能な場合もあります。
リクエストお待ちしております。
.............................................................................

担当スタッフ

TORU
TORU有限会社ダイブテリーズ 取締役
我妻 亨(わがつま とおる)
PADIコースディレクター No.801010
ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係
NPO法人静岡県ダイバーズ協議会副理事長
専門学校ルネサンス・ペットアカデミー非常勤講師

ダイビングは40年目。PADIインストラクターは36年!
日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。

ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。
ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!