トラブル予防のために・・・

 

    2016/02/12

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

浜松市内、少し肌寒い感じ。半袖ではちょっと・・・って感じですねぇ。
さて、ちょっと皆様にお願いでございます。
2013_pj_21

ダイビングってとっても楽しいものです。
海の中に潜っていると、いろいろ楽しいことがたくさんあります。何も考えなくてもぼーっとしてても楽しい物なのです。

img03579_2

ただし、水の中は普通にしてて人間が生きられる場所ではありません。
ということは、それなりでないといけないわけです。

上の画像。
下田海上保安部さんがダイバーとインストラクター向けに出している注意喚起チラシ。
ここに書いてあるコトの意味っていうのを見てみましょうか。

前回のダイビングから時間の空いている方
前回のダイビングからの間、つまり一般的にはブランクという言い方を良くします。
受け入れ側のインストラクターは、ブランクに関して、復習をして欲しいと思っている期間はおよそ6ヶ月間。
この季節、ブランクのあるダイバーさん、たくさん見かけます。大丈夫だ!っていうのは過信。
海保さんも言われているとおり、ブランクのある方は基本的に復習コースからのスタートをしてください。
復習コース、随時受付中!
受け入れ側である当店が復習コースを強制しているのではなく、海保さんも強く奨励しているということです。

おまけではありますが、みなさんがオープンウォーターダイバーのCカードを申請するとき、申請書類にサインを頂くのですが、そのサイン欄のところに・・・『ブランクが空いたら復習コースに参加してからダイビングをすることを理解しています。』という文章があるのです。
Cカードをお持ちの方は、100%全員、そこに理解しているという意味でサインをしているはずなので、理解していることを守らずにトラブルになったからと言って、文句言わないでくださいね(笑)。

薬を飲まれている方
薬と言っても様々なものがあると思います。なぜ薬と飲んでダイビングしてはいけないのか。
薬と一言で言っても様々なものがあります。でも、考えてみてください。
薬を飲むということは、身体に何らかの変調、不調があるから飲むわけでしょ?
中には眠くなるものもあったりします。
薬を飲んでいる状態でのダイビング・・・ここでは具体的には書きませんが、状況が変わるといきなり問題を起こす可能性のある薬っていうものも存在しています。
通常生存スペースではない水中。いきなり出てくる薬の作用。
問題あることも多いっていうのを頭に入れておいてください。

循環器系の病気を患ったことがある方
循環器系の疾患=高血圧、高脂血症をはじめ、狭心症、心筋梗塞、心臓弁膜症などの心臓病のことを主に言います。
コレって重大な問題。この病歴のある方は、水中というスペースでの活動は状況によっては生命を脅かすことになるかもしれないということを認識していること必要です。
患ったことがあるから、ダイビングは絶対禁忌であるとは言いません。ただ、それは負荷心電図等のチェックで、通常よりもハードになるかもしれない状況に耐えうるレベルまで回復したか否かをお医者様にご判断いただく必要があります。
特に、中高年の循環器系の疾患の病歴のある方は、ご自身でも日常生活をお気をつけになり、日頃からお医者様にダイビングに関しての判断を求めてください。

疲労が蓄積されている方
お疲れモードの時のダイビング。ちょっとしたことがミスに繋がります。また、本来はできるはずのスキルもできなくなってしまう可能性があります。お疲れモードのダイビング。お気をつけください。
昨今のダイビング事故の傾向は、中高年の循環器、脳血管系の疾患が水中で発症したと思われるケース、または、お疲れモードで、ちょっとしたトラブルでも対応ができなくて、沈んでしまうケースが散見しています。

今回のダイビングに少し不安のある方
ご自身で判断していただいて、ちょっと不安があるという場合、そのままダイビングするのではなく、不安要素は取り除いてからダイビングしてください。
スキル的に不安なのか、潜ろうとしているダイビングスポットに不安があるのか。
それは人それぞれだとは思いますが、インストラクターやガイドは一生懸命、不安な部分を見つけ出す努力はしています。が、もしご自身で不安があるというときは、そのままにしないでお知らせください。

睡眠不足の方や二日酔いの方
その日の体調は間違いなくダイビングに影響します。一番可能性があるのは、圧平衡。耳抜きが出来なくなることです。耳抜きできなきゃダイビングになりませんからねー。

呼吸が早い・ドキドキしている方・なんとなく気になる方
不安の徴候ですね。コレを解決しないままのダイビングは、やはりトラブルを起こす可能性が高くなります。

せっかく休みをとってきたのだからという方
日本人の悪いところでしょうか。せっかく休んできたんだけど、体調イマイチなんだけど、無理して行っとけ的な。
これ一番良くないです。もし行けたとしても、帰って来れないかもしれませんよ。
無理は禁物。あそびなんだから。
無理してガツガツ潜って辛い思いするんだったら、違う遊び方教えますから。
もちろん、体調がベストで、他のコンディションもベストでっていうなら、可能なかぎり遊ぶ。
コレ大切。

ダイビングでトラブルを起こさない為に、インストラクターも、そして参加するあなたも常日頃から考えていてほしいこと。
ちょっとしたことだけなんです。簡単なことだけなんです。
でも、それだけで大きなトラブルを防ぐことができます。
ほんのちょっとのことなんです。

どうかみんなでもっとダイバーがいっぱい海で笑顔になれるようにがんばりましょ。
みんながオールハッピーでありますように。

いつでも聞いて?ダイビングのこと!
ダイビング始めてみたいんだけど・・・
ダイビングしているんだけどもっとステップアップしたい!
もっといろんなところに潜りに行きたい!
ダイビングインストラクターになりたい!
お手伝いさせてください!

ダイブテリーズでは、スタッフ募集しています。
ダイビングのお仕事をしたい、↑こんなショップでダイビングから笑顔を届けたい!
そんな方はお気軽にお問い合わせください。
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話はフリーダイヤル 0120-10-2703
(スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)

メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................

ダイブテリーズのホームページはこちらです!
http://www.terrys.jp
Facebookもやってます!
   https://www.facebook.com/DiveTerrys/
Twitterもありますよー!
https://twitter.com/DiveTerrys
随時更新!あなたをウフフにさせる情報があるかもです!チェックしてみてください!

海の素晴らしさ、ダイビングの楽しさを、ひとりでも多くの仲間と分かち合うために、2016年の目標としてダイビングのプロを目指してみませんか? 世界中の海があなたを待っています!http://www.padi.co.jp/visitors/pro/go_pro/index.asp

Posted by PADI Japan on 2016年2月16日
The following two tabs change content below.
我妻 亨

我妻 亨

代表取締役兼用務員のおじさん有限会社ダイブテリーズ
1962年生まれ
ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係
埼玉県川越市出身
埼玉県立松山高校卒 日本大学文理学部卒

真の姿はダイビング屋さん、でも大工さんから自動車修理までなんでもこい!ダイビングは35年目。PADIインストラクターは30年目です!日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。
ダイビングバカなダイビングインストラクターと一緒にダイビング思いっきり楽しみませんか?
ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。
海とスクーバダイビングからは一生離れることのできない自分。ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!

 - インフォメーション

ツールバーへスキップ