オーナーブログFor Divers【ダイバーの皆さん向け】楽しむこと好きなこといまやってること知ってる?

リアクティベートプログラムの重要性

ブログの記事をお友達に拡散してください!
この記事はおよそ 3 分で読めます。

秋の気配のするここ数日。
店もエアコンのスイッチはオフ。
窓全開で、侵入してくる虫と戦っています(笑)。

ダイブテリーズ

イトル:

こんにちは!
PADIインストラクターの我妻です。

コロナ禍が少し収まり、ここ数年、ダイビングをしていない人がダイビングを再開するケースの多かった今年です。
すべてのダイバーの皆さんがダイビングの楽しみに戻っているわけではないのですが。
そこで、ダイビングをお休みしていた人が再びダイビングを楽しむためにはどうしたらいいのか?ということをブログで書いてみます。

今日のテーマは・・・
ダイビングの安全と楽しみを取り戻すために: リアクティベートプログラムの重要性

ダイビングの安全と楽しさの維持を中心に、ブランクダイバーとリアクティベートプログラムに焦点を当てて書いてみたいと思います。
興味のある方はぜひ読んでみてください。

ご存知の通り、ダイブテリーズはPADI 5 Star IDセンター。
PADIの設定した規準、ルールに従ってダイバーの安全を確保し、高品質なダイビングトレーニングを提供しています。

「PADI安全潜水標準実施要項声明書」には、6ヶ月以上ダイビングをしていない場合、追加のトレーニングに参加する必要があるという重要な規定が含まれています。

これは、ブランクダイバーにとって非常に重要な要点であり、その理由を明確に理解し、実践することがダイビングの安全性と楽しみを保つために不可欠です。

ブランクダイバーの現状

ブランクダイバー、すなわち一定期間ダイビングをしていない人たちにとって、以前のスキルや知識を思い出し、新しいダイビング環境に適応することは、何らかのチャレンジを伴うことがあります。コロナ禍の影響や忙しい生活の中で、ダイビングへの参加が制約された人々が多いこともあります。その結果、ブランクダイバーが増加しており、そのダイビングスキルの劣化や自信の喪失が懸念されています。

PADI安全潜水標準実施要項了解声明書とは?

PADI安全潜水標準しっし要項了解声明書は、ダイバーがダイビングを行う前に、リスクを理解し、安全なダイビングを実現するためのコミットメントを示す文書です。
この声明書には、以下のような重要なポイントが含まれています。

1. ブランク期間への対応:了解声明書には、6ヶ月以上ダイビングをしていない場合、追加のトレーニングに参加することが推奨されています。これは、ブランクダイバーが以前のスキルを復習し、ダイビングの安全性を確保するための重要なステップです。

2.安全性へのコミットメント:声明書に署名することは、ダイバーが自身の安全と他のダイバーの安全を最優先に考えることを約束することを意味します。これは、ダイビングコミュニティ全体にとって非常に重要です。

3.トレーニングへの積極的な参加:了解声明書に署名したダイバーは、追加のトレーニングやリアクティベートプログラムに積極的に参加することを約束します。
これにより、スキルの向上と安全なダイビングが促進されます。

ダイブテリーズ

リアクティベートプログラムの必要性

なぜ。私たちはブランクダイバーにリアクティベートプログラムへの参加を推奨しているのでしょうか?
その理由は以下の通りです。

1. 安全性確保:ブランクダイバーが以前のスキルや知識を忘れる可能性があり、これは事故やトラブルのリスクを高めます。
リアクティベートプログラムは、安全なダイビングを実現するために必要なスキルと知識を復習し、更新する機会を提供します。

2. 自信を取り戻す:以前の自信を取り戻すためにもリアクティベートプログラムが必要です。
新しい環境や装備に慣れ、自分の能力を再評価する機会となります。
自信を持ってダイビングを楽しむことは、いちばん大切なことだと考えています。

3. 環境への適応:ブランクダイバーは、水中環境に再び適応する必要があります。海の条件や気象が変わることはよくあります。リアクティベートプログラムでは、さまざまな環境でのダイビングに対する適応力を養うことができます。

4. 他のダイバーへの配慮:ブランクのあるダイバーが、他のダイバーに迷惑をかけることを避けるためにも、リアクティベートプログラムは不可欠です。正確なシグナルやコミュニケーション方法を再学習し、グループ内で円滑なダイビングを実現します。

5. 楽しみを取り戻す:ダイビングは楽しいアクティビティ。
コロナ禍の3年間、お休みをしていた人も多いと思います。
その間に、体力、体型もかわりできることもできなくなっているかもしれません。
その結果、不安やストレスが大きくなり、せっかくの楽しみより不安が上回ってしまう可能性もあります。
リアクティベートプログラムを受けることで、安心感を取り戻し、楽しくダイビングをすることを取り戻せます。

PADI安全潜水標準実施要項了解声明書とリアクティベートプログラム: 安全と楽しさの保証

PADI安全潜水標準実施要項了解声明書はことあるごとに目にし、署名をしていると思います、
リアクティベートプログラムに積極的に参加することは、ダイバーとしての責任と約束をした結果。
これは単なる手続きだけでなく、安全性と楽しさを確保するための具体的な行動への責任でもあります。
ダイビングは素晴らしい冒険であり、安全な体験であるべきです。

ブランクダイバーにとっても、他のダイバーにとっても重要です。
海上保安庁もブランクダイバーは、必ずリアクティベートプログラムまたはそれに類似するものに参加してから海でダイビングを楽しむことを強く推奨しています。

もし、ブランクのある状態でダイビングにでかけトラブルを起こしたら、他のダイバーに迷惑をかけるだけでなく、ご自身の身にも危険が及び、また私たちダイビング提供者にもいろいろと問題を生じさせます。

当店では、ブランクのある方には、必ずプログラムの参加をお願いしています。
ブランクの期間により、対応が変わってくることもありますのでお問い合わせください。

最後に、PADIの了解声明書に署名し、リアクティベートプログラムに参加することで、安全性と楽しみを取り戻すことができます。これにより、ダイビングの魅力と素晴らしさを再び体験し、コミュニティ全体の安全性と質を高めることができます。安全で楽しいダイビングを続けるために、ブランクダイバーの皆さんにはPADIのガイドラインに従い、リアクティベートプログラムに参加することを強くお勧めします。そして、楽しみと冒険の海へ戻りましょう!

【ダイビングをしっかりマスターしたい方は当店へ!】
スキューバダイビングをマスターするならダイビングプールでのじっくり時間を!
当店は店内に温水プールがあります。
納得いくまでじっくり練習できるダイビングスクールを行っています。
・スノーケリングからインストラクターコースまで!
・ステップアップコースやツアーも充実!
・無料説明会随時開催中!
・他店でCカード取得された人もどうぞ!
・ダイビング器材販売もお任せください!
・器材メンテナンス、修理も!
・ダイビングのことならなんでもお任せ!
まずはお気軽にご来店ください。
.............................................................................
LINEショップカードのポイントを集めてお得に!
12ポイント集めたら追加3ダイブ目【ビーチ】が無料!
詳しくはスタッフまで!

.............................................................................
カレンダーが空欄の日はダイビングツアー、プールその他承ることができます。
ご希望の日をLINE公式アカウント等からお問い合わせください。
.............................................................................
ダイブテリーズLINE公式アカウントのお友達はこちらから!
友だち追加
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話は 053-462-6525
スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)
メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................
定休日のお知らせ

  4月~6月・9月~12月は毎週木曜日
  1月~3月は毎週水曜日及び木曜日
  7月~8月は不定休(基本木曜日)

定休日でもスクール、ダイビングツアーは開催可能な場合もあります。
リクエストお待ちしております。
.............................................................................
ブログの記事をお友達に拡散してください!

TORU

我妻 亨(わがつま とおる) PADIコースディレクター No.801010 ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係 NPO法人静岡県ダイバーズ協議会事務局長 ダイビングは40年目。PADIインストラクターは38年! 日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。 ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。 ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!