ダイビング器材オーナーブログFor Divers【ダイバーの皆さん向け】ダイビングあるある楽しむこと知ってる?

器材購入 vs. レンタル

ブログの記事をお友達に拡散してください!
この記事はおよそ 4 分で読めます。

今日は専門学校で授業。
若者たちとあれこれやってくる一日です。
ダイブテリーズ

こんにちは!
PADIインストラクターの我妻です。
私は40年弱、PADIインストラクターとしてダイビングに携わってきています。
この長い時間の中で、一つの重要な課題に直面しています。
本当にダイビングとじっくり向き合うなら、ダイビング器材は購入するか、レンタルするかということ。
ダイビング器材の購入とレンタル、どちらがより良い選択なのでしょうか?
それぞれのメリットとデメリットを比較し、お手伝いできる情報を提供したいと思います。

今日のブログのタイトルは、
経験から学んだこと:器材購入 vs. レンタル
そんな内容で書いてみます。
興味のある方は読んでみてください。

器材を購入するメリット

完全なコントロール

自分の器材を所有することで、その状態とメンテナンスを自分自身できちんと把握できます。
また、衛生面でも自分しか使わない器材なので安心できると思います。
使用後のメンテナンスをしっかり行い、劣化など、目に見える状況に自分自身である程度対応できます。
結果安全性を確保できるため、信頼性が高まります。
PADI器材SPコースでは、自分自身でできるメンテナンス、チェックなどのポイントもお伝えすることができます。
ぜひ参加してみてください。
これからの時期、器材を色々いじってみるのもいいかもしれません。


定期的な点検とメンテナンスは、ダイビングの楽しみを増加させ、器材トラブルによる事故を防ぐのに役立ちます。

快適さ

自分の器材は個人の体型や好みに合わせて調整することができます。
ダイビングのスタイル、器材の種類に合わせ、それぞれの人に合わせてコンフィグレーションをすることができます。
フィット感が良く、適切に調整された器材を使うことで、長時間のダイビングでも快適に過ごせます。
すべてのダイビングで、しっかり調整されていることが大切です。

コスト

長期的に見ると、自分の器材を購入することはコストがかからないかもしれません。
レンタル料金が長期的にかかることを考えると、何度も潜る人にとっては購入が得策。
これから先の自分のダイビングとの向き合い方、そして、どんなダイビングスタイルを経験していきたいか?を相談してください。

信頼性

自分の器材はその使用状況に完全に把握しているはず。
他の人が使用した器材よりも、潜水時のトラブルのリスクが低いです。
また、自分の器材はあなたの個性に合わせて調整されているため、快適性も高まります。

自分の器材を購入するデメリット

初期費用

自分の器材を購入するためには、初期費用が必要です。
器材の種類によっては、トータルの価格が高くなることがあります。

保管と運搬

自分の器材を運搬し、保管する必要があります。
これは旅行中や遠方のダイビングポイントへの移動時に大きな荷物も持って移動することになる可能性があります。
また、適切な保管が行われない場合、器材の寿命が短くなる可能性もあります。
ダイブテリーズでは、国内遠方ツアーは宅配便の利用、また、自宅に器材を保管するのが難しい場合は、器材お預かりサービスも行っています。
購入時にご相談ください。

器材をレンタルするメリット

初期費用が低い

レンタルする場合、購入費用がかからないため、ダイビングを始めたい人、たまに潜る人には費用的な負担が軽減されます。
ダイビングをスタートするときには、レンタルは経済的な選択肢です。
スタートして、その後、どうダイビングと向き合うか?でレンタルで行くのか購入するのかを決めればいいと思います。

運搬と保管の心配がない

レンタル器材を使用する場合、器材を運ぶことや保管することを考えなくても。
旅行中やダイビングポイントへの移動時に、手軽に装備を借りることができます。

バラエティ

ダイブテリーズにはさまざまな種類の器材が揃っています。
スタッフも最新の器材を使用しており、新しい器材を試すこともでき、自分に合ったものを見つけることができます。
ただ、通常はレンタルとして用意されているものをご利用いただく形となります。

器材をレンタルするデメリット

合わない可能性

レンタル器材は、個人の体型や好みにピッタリ合うとは限りません。
特にこれからのシーズン、ドライスーツは、手首、首のサイズがピッタリとはならず、水没の可能性があります。
合わない器材を使用することで、快適さや安全性に影響を与える可能性もでてきます。

コストの累積

頻繁にダイビングをする場合、レンタル料金がトータルすると高くつくことがあります。
毎回の潜水ごとに料金がかかるため、総額が膨らんでしまいます。

信頼性

レンタル器材は他の人が使用したものであるため、器材の状態やメンテナンス、衛生面が不確かな場合があります。
信頼性が低い器材を使用するリスクがあることを考慮しなければいけません。
ダイブテリーズのレンタル器材は定期的なメンテナンスと使用後の洗浄、消毒を行うようにしています。

まとめ

自分のダイビング器材を購入するか、レンタルするかは、個人のダイビングの頻度や予算、好みに依存します。
頻繁に潜る場合や器材の状況を把握しておきたい場合は、器材の購入が必要でしょう。
一方、たまに潜る人や初心者には、レンタルが手軽でコストが良い選択肢かもしれません。

どちらを選んでも、安全性と快適さを最優先に考えることが重要です。
適切な器材を選ぶことはその楽しみを高める鍵。
長年のインストラクター経験から見ると、自分の器材を所有しているダイバーのほうがダイビングの上達も早く、また、頻繁に潜る傾向があります。
ダイビングを楽しむために、自分に合った選択を検討してみてください。

ダイブテリーズでは、あなたに合った適切な器材の購入、設定、調整、メンテナンスまですべてお手伝いいたします。
ダイビング器材の購入をお考えの方、ぜひご相談ください。
割引価格も設定いたします。

【ダイビングをしっかりマスターしたい方は当店へ!】
スキューバダイビングをマスターするならダイビングプールでのじっくり時間を!
当店は店内に温水プールがあります。
納得いくまでじっくり練習できるダイビングスクールを行っています。
・スノーケリングからインストラクターコースまで!
・ステップアップコースやツアーも充実!
・無料説明会随時開催中!
・他店でCカード取得された人もどうぞ!
・ダイビング器材販売もお任せください!
・器材メンテナンス、修理も!
・ダイビングのことならなんでもお任せ!
まずはお気軽にご来店ください。
.............................................................................
LINEショップカードのポイントを集めてお得に!
12ポイント集めたら追加3ダイブ目【ビーチ】が無料!
詳しくはスタッフまで!

.............................................................................
カレンダーが空欄の日はダイビングツアー、プールその他承ることができます。
ご希望の日をLINE公式アカウント等からお問い合わせください。
.............................................................................
ダイブテリーズLINE公式アカウントのお友達はこちらから!
友だち追加
.............................................................................
ダイブテリーズへのお電話は 053-462-6525
スマホからご覧の方はタップするとそのまま電話できます!)
メールでのお問い合わせは こちらからお願いします。
.............................................................................
定休日のお知らせ

  4月~6月・9月~12月は毎週木曜日
  1月~3月は毎週水曜日及び木曜日
  7月~8月は不定休(基本木曜日)

定休日でもスクール、ダイビングツアーは開催可能な場合もあります。
リクエストお待ちしております。
.............................................................................
ブログの記事をお友達に拡散してください!

TORU

我妻 亨(わがつま とおる) PADIコースディレクター No.801010 ダイブテリーズのオーナー兼史上最強雑用係 NPO法人静岡県ダイバーズ協議会事務局長 ダイビングは40年目。PADIインストラクターは38年! 日本国内の南の島のリゾートガイドダイバーから1990年にPADIコースディレクター認定、現在に至る。 ダイビングに関してのことならなんでもご相談ください。 ダイビングのこと、ダイビングの中の話など、書きますのでぜひよろしく!もちろん日常のつぶやきも!いろいろ書くのでお楽しみに!